今日はこんな日

411日(日)【先勝】

グッズ

コサージュ

コサージュ

女性がドレスや衣服の胸・襟・肩、手首などに着ける花飾りで、生花あるいは紙・布製の造花、リボン、チュールから作られ、慶事の際の服装を引き立たせる。婦人服の胴部や身ごろのことをフランス語で「corsage(コサージュまたはコサージ)」といい、「bouquet de corsage(胸元の花束)」からコサージュと呼ぶようになった。また、男性がつけるものは、16世紀頃に第一ボタンホールに花をさすファッションが流行し、ボタンホールを意味するフランス語「ブートニエール(Boutonnière)」からその名称で呼ばれるようになった。
結婚式に招待された側が生花のコサージュを着けるのは失礼に当たる。
4月11日 のグッズは
グッズ https://farm5.staticflickr.com/4040/4702023066_c2ddce5a17_n.jpg cliff1066™ https://www.flickr.com/photos/nostri-imago/ コサージュ 女性がドレスや衣服の胸・襟・肩、手首などに着ける花飾りで、生花あるいは紙・布製の造花、リボン、チュールから作られ、慶事の際の服装を引き立たせる。婦人服の胴部や身ごろのことをフランス語で「corsage(コサージュまたはコサージ)」といい、「bouquet de corsage(胸元の花束)」からコサージュと呼ぶようになった。また、男性がつけるものは、16世紀頃に第一ボタンホールに花をさすファッションが流行し、ボタンホールを意味するフランス語「ブートニエール(Boutonnière)」からその名称で呼ばれるようになった。 結婚式に招待された側が生花のコサージュを着けるのは失礼に当たる。

アニメ

GS美神

GS美神

1993年4月11日 のアニメは
アニメ GS美神 アニメ

フラワー

サンダーソニア

サンダーソニア

4月11日 のフラワーは
フラワー https://farm7.static.flickr.com/6076/6108660832_7a3dfefc51_n.jpg nubobo https://www.flickr.com/photos/nubobo サンダーソニア 花

フルーツ

マカダミア

マカダミア

10mほどになるヤマモガシ科の常緑樹で、直径2cm程の殻果は熟すと裂開し、マカダミアナッツと呼ばれ食用にされる。チョコレートやクッキーなど洋菓子の材料として用いられることが多く、最近では和菓子にも取り入れられている。マカダミアナッツはオレイン酸やパルミトレイン酸などの不飽和脂肪酸が83%も含まれており、健康的なダイエット食品として効果が期待出来る。原産地はオーストラリアで、生産のほとんどがオーストラリアとハワイである。ハワイのお土産として定番になっているマカダミアナッツチョコレートは、ハワイアン・ホースト社の創業者であるハワイ在住の日系人によって開発されたといわれている。
オーストラリアのクイーンズランド州で多く作られ「オーストラリア産の実」の意味から「クイーンズランドナッツ」とも呼ばれている。
4月11日 のフルーツは
フルーツ https://farm5.staticflickr.com/4153/5193583487_82c2a1c90f_n.jpg Big Scout Project https://www.flickr.com/photos/bigscoutproject/ マカダミア 10mほどになるヤマモガシ科の常緑樹で、直径2cm程の殻果は熟すと裂開し、マカダミアナッツと呼ばれ食用にされる。チョコレートやクッキーなど洋菓子の材料として用いられることが多く、最近では和菓子にも取り入れられている。マカダミアナッツはオレイン酸やパルミトレイン酸などの不飽和脂肪酸が83%も含まれており、健康的なダイエット食品として効果が期待出来る。原産地はオーストラリアで、生産のほとんどがオーストラリアとハワイである。ハワイのお土産として定番になっているマカダミアナッツチョコレートは、ハワイアン・ホースト社の創業者であるハワイ在住の日系人によって開発されたといわれている。 オーストラリアのクイーンズランド州で多く作られ「オーストラリア産の実」の意味から「クイーンズランドナッツ」とも呼ばれている。 果物

著名人

すぎやまこういち

すぎやまこういち

作曲家
1931年4月11日 の著名人は
著名人 すぎやまこういち 作曲家

誕生すし

ミョウガ

ミョウガ

酢漬けのミョウガを使った寿司。握りにしたり、刻んだものを混ぜ込むバラ寿司があるが、富山県には特産品の「小佐波みょうが」を使った「みょうが寿司」がある。これは、酢漬けのマスとじっくり酢に漬け込んだ花ミョウガを、刻んだミョウガ入りの酢飯の上に乗せた押し寿司。かつては祝いの席のもてなし料理や贈答用に、各家庭で代々受け継がれてきた郷土料理だったが、過疎化などで年々ミョウガの生産量は減少しており、その存在も忘れ去られつつある。
ミョウガは物忘れがひどくなるという俗説があるが、学術的な根拠は全くない。
4月11日 の誕生すしは
誕生すし https://farm8.staticflickr.com/7445/8715108783_ffc2b921ce_n.jpg GinkgoTelegraph https://www.flickr.com/photos/ginkgraph/ ミョウガ 酢漬けのミョウガを使った寿司。握りにしたり、刻んだものを混ぜ込むバラ寿司があるが、富山県には特産品の「小佐波みょうが」を使った「みょうが寿司」がある。これは、酢漬けのマスとじっくり酢に漬け込んだ花ミョウガを、刻んだミョウガ入りの酢飯の上に乗せた押し寿司。かつては祝いの席のもてなし料理や贈答用に、各家庭で代々受け継がれてきた郷土料理だったが、過疎化などで年々ミョウガの生産量は減少しており、その存在も忘れ去られつつある。 ミョウガは物忘れがひどくなるという俗説があるが、学術的な根拠は全くない。 寿司

スイーツ

カンノーロ

カンノーロ

シチリア島発祥のイタリアで有名なペストリー菓子。小麦粉ベースの生地をのばして円筒に巻き付けて揚げた皮に、甘いクリームを詰めたもの。クリームには、リコッタチーズにバニラやチョコ、マルサラ酒などの風味をつけたものが使われるが、カスタードクリームを使う場合もある。
カンノーロは「小さな筒」という意味で、ラテン語の「canna」が語源とされている。本来は謝肉祭に作られる菓子だが、現在では一年中食べられている。映画『ゴッドファーザー(1972年)』の台詞「銃は置いていけ。カノーリは持ってきてくれ。(Leave the gun. Take the cannoli.) 」によって、アメリカでの認識度が一気に高まった。
注文を受けてからクリームを詰めるカンノーロは、「カンノーロ・エスプレッソ」と呼ばれ、クリームと皮のパリパリ感の対比がより楽しめる。
4月11日 のスイーツは
スイーツ https://farm4.staticflickr.com/3236/3051738365_3ab96eaebb_m.jpg paPisc https://www.flickr.com/photos/papisc/ カンノーロ シチリア島発祥のイタリアで有名なペストリー菓子。小麦粉ベースの生地をのばして円筒に巻き付けて揚げた皮に、甘いクリームを詰めたもの。クリームには、リコッタチーズにバニラやチョコ、マルサラ酒などの風味をつけたものが使われるが、カスタードクリームを使う場合もある。 カンノーロは「小さな筒」という意味で、ラテン語の「canna」が語源とされている。本来は謝肉祭に作られる菓子だが、現在では一年中食べられている。映画『ゴッドファーザー(1972年)』の台詞「銃は置いていけ。カノーリは持ってきてくれ。(Leave the gun. Take the cannoli.) 」によって、アメリカでの認識度が一気に高まった。 注文を受けてからクリームを詰めるカンノーロは、「カンノーロ・エスプレッソ」と呼ばれ、クリームと皮のパリパリ感の対比がより楽しめる。

カラー

利休白茶

利休白茶

#A29779
R:162 G:151 B:121
C:0% M:7% Y:25% K:36%
4月11日 のカラーは
カラー co_A29779.jpg 利休白茶 #A29779 R:162 G:151 B:121 C:0% M:7% Y:25% K:36%

出来事

ガッツポーズの日

ガッツポーズの日

1974年(昭和49年)4月11日、ボクシングWBCライト級タイトルマッチでガッツ石松がロドルフォ・ゴンザレスに勝利し、プロボクシングの世界チャンピオンになった。その時に両手を挙げて勝利の喜びを表した姿をスポーツ紙の新聞記者が「ガッツポーズ」と表現し、広く知られるようになった。ガッツ石松はインタビューで「自分の記念日が出来るなんて、オレも偉人だな」と発言したことがあるという。
実のところは、1972年(昭和47年)にボウリング雑誌「ガッツボウリング」で、ストライクを出した時にするポーズをガッツポーズと書いたのが初めとされている。
4月11日 の出来事は
出来事 https://farm4.staticflickr.com/3622/3576244855_288cac4dc3_n.jpg chascow https://www.flickr.com/photos/charliecowins/ ガッツポーズの日 1974年(昭和49年)4月11日、ボクシングWBCライト級タイトルマッチでガッツ石松がロドルフォ・ゴンザレスに勝利し、プロボクシングの世界チャンピオンになった。その時に両手を挙げて勝利の喜びを表した姿をスポーツ紙の新聞記者が「ガッツポーズ」と表現し、広く知られるようになった。ガッツ石松はインタビューで「自分の記念日が出来るなんて、オレも偉人だな」と発言したことがあるという。 実のところは、1972年(昭和47年)にボウリング雑誌「ガッツボウリング」で、ストライクを出した時にするポーズをガッツポーズと書いたのが初めとされている。

生年月日をお選び下さい

最近調べられた誕生日

2021年04月10日(土)

2021-04-10

2021年04月09日(金)

2021-04-09

1953年10月04日(日)

1953-10-04

2021年04月08日(木)

2021-04-08

1976年11月21日(日)

1976-11-21

2021年04月06日(火)

2021-04-06

2021年04月05日(月)

2021-04-05

2021年04月17日(土)

2021-04-17

2021年04月07日(水)

2021-04-07

2021年04月04日(日)

2021-04-04